稲作のメッカ藤坂支場 | 藤坂試験支場

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
い-稲作のメッカ藤坂支場-十和田かるた1977
い-稲作のメッカ藤坂支場-説明-十和田かるた1977

五十音

タイトル

稲作のメッカ藤坂支場

説明文

藤坂試験支場

冷害・凶作の起こりやすい南部地帯 の稲作安定を目指し、 昭和10年、旧藤坂村相坂に農林省指定の冷害防止試験地として青森県農業試験場藤坂支場が 誕生し、稲の品種改良が始まった。第 2次大戦で物資、労働力が極端に窮乏する中でも黙々と研究が進められ、 昭和24年に「藤坂5号」が作り出された。 この品種は強稈、 安定、 多収の耐冷品種として昭和2829年の冷害年には特に高く評価された。 続いて「トワダ」「フジミノリ」「レイメイ」「アキヒカリ」と寒冷地向の好適品種を送り出している。

所在地

十和田市大字相坂字相坂187

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会