区画整然碁盤の目 | 十和田市街地

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
く-区画整然碁盤の目-説明-十和田かるた1977
く-区画整然碁盤の目-十和田かるた1977

五十音

タイトル

区画整然碁盤の目

説明文

区画整然

現在の市街地の道路を、碁盤の目のように整然と区画することを計画したのは、開祖である新渡戸伝翁の長男十次郎である。おおよそ100年前のことであった。その後、時の為政者が先人の計画を受継ぎ、さらに整備し、現在では特に官庁街を中心に陸上競技場などの公共施設を配置し、その景観は市民のシンボルゾーン (象徴的地域) として、「東北の札幌」の評価を得ている。

所在地

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会