三木野が原を電車が走る | 十和田観光電鉄株式会社

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
み-三木野が原を電車が走る-十和田かるた1977
み-三木野が原を電車が走る-説明-十和田かるた1977

五十音

タイトル

三木野が原を電車が走る

説明文

電車は昭和26(1951)620日に電化され、十和田市から三沢市まで15km25分で運転している。電車開通当時の沿線は広々とした水田地帯であったが、年々住宅、 学校等が沿線に建ち並び、昔の面影を失いつつある。昨年は電化25周年を迎えたが、今後も変わることなく赤とクリーム色の電車が市民の足として走り続けることだろう。

所在地

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会