沼に水蓮 梅泉園

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
ぬ-沼に水蓮 梅泉園-十和田かるた1977
ぬ-沼に水蓮 梅泉園-説明-十和田かるた1977

五十音

タイトル

沼に水蓮 梅泉園

説明文

梅泉園県下一といわれるこの梅林は、戦時中、南方の将兵たちに梅干しの輸送がとだえているということで、故・滝沢景吉さんが、昭和17(1942)に戦地にいる息子さんのために植えたものである。山一面に2500本の梅林が広がっている。開花期は427~ 28日で、近郊から観梅に訪れる人々も多い。この梅林への道には水蓮の沼がある。水蓮が咲くのは田植えの頃からで、満開は8月、晩秋の頃まで咲き続ける。

所在地

十和田市大字滝沢字舘

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会