はんらん防いだ四和のダム

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
は-はんらん防いだ四和のダム-十和田かるた1977
は-はんらん防いだ四和のダム-説明-十和田かるた1977

五十音

タイトル

はんらん防いだ四和のダム

説明文

四和ダム十和田市最南部を東流する後藤川は、地域住民の命でもある。昔の人はこの川を「宝の川」と言っていた。しかし、この川は時には氾濫し、大洪水となり、生命、財産をも一瞬にして奪い去ることが度度あった。地域の人達は、これを天災としてあきらめていたが、天災から脱する手段として、昭和25(1950)、ダム建設に着手、10年間の歳月と26,700万の工費をかけ、昭和35(1960)防災ダムが完成した。当時は今のように建設機械が発達しておらず、ほとんどが人力により造られたもので、ダムの高さ22m・長さ121m、 満水の貯水は82万トン、水面積11ha となる。このダムは、全体にいろいろな種類の土が使いわけられているが、こういう型式はゾーンタイプアースダムとよばれている。このダムの完成により水害による災害はなくなり、しかも水田のかんがい用水に利用されるなど、今では「宝のダム」となっている。

所在地

青森県十和田市大字滝沢字上指久保

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会