ニジマスのふるさと 白上養魚場

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
に-ニジマスのふるさと 白上養魚場-十和田かるた1977
に-ニジマスのふるさと 白上養魚場-説明-十和田かるた1977

五十音

タイトル

ニジマスのふるさと 白上養魚場

説明文

白上養魚場相坂養魚場のニジマスは、大正2(1913)、農商務省水産局を経由して、米国政府から譲り受けたものである。青森県に移入されたニジマス種卵は、カリフォルニア州ベイヤード孵化場で採卵したもので、大正2(1913)53日サンフランシスコ港を出帆して、相坂養魚場に到着するまで23日間も日数がかかっている。移入したニジマス種卵の数は1万粒であった。

所在地

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会