粒々辛苦 稲吉の人々

十和田かるた 1977

この記事をシェアする

Twitter
Facebook
Email
Pinterest
り-粒々辛苦 稲吉の人々-十和田かるた1977
り-粒々辛苦 稲吉の人々-説明-十和田かるた1977

五十音

タイトル

粒々辛苦 稲吉の人々

説明文

稲吉明治31(1898)頃、福島県から40戸の農家が入殖し、稲吉部落を作った。明治35(1902)の大冷害のため収穫皆無、逃亡や、北海道に移住するなど、明治37(1904)には23 戸に減った。 人々は粒々辛苦、養蚕を始め、大根を作り、町の日雇人夫として働き、長い長い小作人生活をした。第二次大戦後、農地改革により地主となり、今日の隆盛を得た。

所在地

〒034-0001 青森県十和田市三本木稲吉

位置情報

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。

現在の状況と異なる場合があります。

当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会