十和田かるた 1977 (昭和52年発行)

十和田かるた 1977

昭和52年9月15日発行

推せん団体

十和田市教育委員会

十和田商工会議所

企画・制作

十和田市観光協会

掲載内容は、昭和52年(1977年)当時の内容です。現在の状況と異なる場合があります。当時の情景がわかる歴史的資料としてご参考ください。

あ-赤沼の森に備中の墓-十和田かるた1977

赤沼の森に備中の墓 | 新山神社

備中の墓 赤沼備中は新山神社を勧請し、寺を建て庶民を教化した。 備中の妻は下山の畠山家の出で美人であった。 厩役人備中は、土地の境界について近習頭奥瀬安芸と事を争ったが、藩主晴政公に曲として退けられた

続きを読む »
う-梅集落のカヤ人形-十和田かるた1977

梅集落のカヤ人形

カヤ人形 梅集落は市街地中心から北西約12km の山あいのくぼ地に所在する12戸の農村である。ここの人形結いは、毎年旧歴 6月24日、各戸から男1人ずつがカヤとワラを持って集落の中心地に集まり、身長3

続きを読む »
お-奥入瀬川の鼻曲り鮭-十和田かるた1977

奥入瀬川の鼻曲り鮭

鼻曲り鮭 南部の鼻曲りで有名な鮭漁業で欠くことのできないのは奥入瀬川である。青森県内の河川に産卵のために遡上する鮭の約70%は奥入瀬川で漁獲されている。明治34年奥入瀬川に遡上する鮭の数が少なくなった

続きを読む »
か-開拓の祖 新渡戸伝翁-十和田かるた1977

開拓の祖新渡戸伝翁 | 太素塚

新渡戸伝翁 新渡戸伝翁は盛岡藩士。 勘定奉行ののち、安政2年(1855)63才の時三本木開拓に着手した。 奥入瀬川の上流、法量から水を取り入れ、苦心の末、トンネル2か所と、人工の「稲生川」を掘り通し、

続きを読む »
き-郷土芸能-駒踊り十和田かるた1977

郷土芸能 駒踊り

駒踊り 馬産地、十和田市を最も象徴する民俗芸能は南部駒踊りで、十和田市だけでも、洞内・立崎・米田・相坂・滝沢・上館と6団体がある。勇壮でリズミカルな演奏に合わせ、豪快に舞い踊るこの駒踊りは南部を代表す

続きを読む »
く-区画整然碁盤の目-説明-十和田かるた1977

区画整然碁盤の目 | 十和田市街地

区画整然 現在の市街地の道路を、碁盤の目のように整然と区画することを計画したのは、開祖である新渡戸伝翁の長男十次郎である。おおよそ100年前のことであった。その後、時の為政者が先人の計画を受継ぎ、さら

続きを読む »
け-県南初の北里大学-十和田かるた1977

県南初の北里大学

北里大学 北里大学畜産学部は、昭和41年4月 十和田市三本木に創立された。 42年には姉妹校衛生科学専門学院も併設され、現在学生総数千数百名を数え、その出身地は全国に渡っている。 名実ともに全国有数の

続きを読む »
さ-産馬通りは懐しや-十和田かるた1977

産馬通りは懐しや

産馬通り 三本木セリが始まると太素塚境内から現中央停留所までの両側に小屋掛けの茶店や衣類店、下駄屋等が建ち並び全国から集まった馬喰や流し三味線で 茶店は賑わい、 衣類店や下駄屋は正月の着物や下着または

続きを読む »
た-太素を祭る春まつり-十和田かるた1977

太素を祭る春まつり | 太素祭

太素祭 荒瀑たる三本木原に開拓の鍬を入れられたのが安政2年(1855年)。 幾多の困難を乗り越え、安政6年5月4日十和田湖を源水とする奥入瀬川から取水する稲生川を完成させた。この稲生川の上水を記念し、

続きを読む »
ち-畜産の父 小笠原八十美-十和田かるた1977

畜産の父 小笠原八十美

小笠原八十美 十和田市は昭和10年頃から軍馬の産地として全国にも有名であり、数多くの優駿を生産し、国のため尽したものである。当時の畜産組合長は衆議院議員・小笠原八十美氏であった。現在は殆んど馬の姿が見

続きを読む »
つ-つつじ赤松市(マチ)の華-十和田かるた1977

つつじ赤松市(マチ)の華

つつじ、 赤松 昔は市の山野は、いたるところ、つつじが咲き乱れて、のどかな風光を呈していた。その名残りは今でも検行平、切田の山中、四和ダムの周囲に見られる。特に昭和43年から高森山公園の整備が進み、全

続きを読む »
て-D51子供の夢-十和田かるた1977

D51子供の夢

D51 このD51は全国から姿を消した過熱式蒸気機関車で市では青少年の社会教育の教材とするため、市制施行20周年を記念して国鉄から借り、昭和50年(1975年)11 月10日に苦心の末設置した。昭和1

続きを読む »